グリル佐久良でランチ予約はできる?ミックスフライの値段や口コミも!




浅草にある「グリル佐久良(ぐりるさくら)」は創業51年を誇る人気洋食店です。

現在は、オープン時の創業者からお孫さんの荒木優花さんに引き継がれてはいるものの、孤高のグルメで紹介されたこともあり、ランチ時間にはずらりと行列ができてしまうことも!

そんな「グリル佐久良」と、老舗洋食店を切り盛りする荒木優花さんが9月25日のセブンルールにご出演なさるのですが、人気メニューのミックスフライやトロトロのデミグラスソースがもう本当においしそうなんですよ!

なのでここでは、浅草の「グリル佐久良(ぐりるさくら)」のミックスフライやカツサンドほかメニューの値段や口コミ、また行列回避でランチ時には予約ができるのかどうかも調べてみました。

Sponsored Links

グリル佐久間は予約ができる?

引用:食べログ

残念ながら「グリル佐久良」は予約不可

朝から仕込みや様々な準備で、電話で予約を受ける時間もないでしょうし、来ていただいた順番に席を案内して、メニューを聞いて調理するというスタイルです。

ただ、ちゃんとタイミングが合えば、それほど待たなくてもよさそうですよ。

グリル佐久良のメニューと値段

グリル佐久間の人気メニュー、ミックスグリルやミックスフライはお値段ちょっと高めだけど、リピーターさんが凄く多いんですよね。

どれだけ美味しいんだろう~。

引用:食べログ

グリルメニュー

  • ミックスグリル:2800円 ←人気メニュー
  • ポークソテー:2300円
  • グリルチキン:1700円
  • ハンバーグ:1500円 他

デミグラスソースメニュー

  • ビーフシチュー:2400円
  • タンシチュー:2800円
  • ハヤシライス:1700円

ほかにもまだまだあります

引用:食べログ
  • スパニッシュ風ライス:1300円
  • チキンライス:1000円
  • ドライカレー:1100円
  • ニンニクライス:600円
  • 大ライス:400円
  • 厚切りトースト:300円
  • カツサンド:1500円(お土産折り1550円)←人気メニュー
  • ハンバーグサンド:1750円
  • 豚ヒレ一口カツ:2100円
  • ビフライ:1900円
  • カニクリームコロッケ:1800円
  • ミックスフライ:2200円 ←人気メニュー

ドリンクメニュー

  • コーラ:300円
  • ジュース:300円
  • ウーロン茶:200円 

ほかにも、ドリンクメニューにはワインなんかもあるようですよ。

グリル佐久良の基本情報

引用:食べログ

お店は古いけど、さすがに洋食屋さん!

Sponsored Links

外国の写真を見ているようで、凄く可愛いです。

営業時間や店休日

  • 住所:東京都 台東区 浅草 3-32-4
  • 電話:03-3873-8520
  • 営業時間:11:30~14:00(L.O.13:45) /17:00~20:30(L.O.19:45)
  • 定休日:火曜、第2・4水曜(日曜営業)

行き方・アクセス

  • つくばエクスプレス:浅草駅から徒歩8分
  • 東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線:浅草駅から徒歩9分
  • 浅草駅(つくばEXP)から552m

●東京都 台東区 浅草 3-32-4

口コミ・評判

沢山のメニューがある中で、ビーフシチューと厚切りトーストの組み合わせで注文されている方が凄く多いです。

●久しぶりにランチで訪れてみました。昼間1時半近くに来てみましたが、待ち客が6人いて、30分近く待ちましたが、こちらのビーフシチューはそれでも待つ価値があるので、炎天下我慢します。席に着くやまず外せないビーフシチュー、それにハンバーグ、ドライカレーとライスをチョイスしました。ビーフシチューはシチューの甘味、酸味のバランスが良く主役の牛肉がとろけるほど煮込まれシチューの旨味がなんとも言えないレベルです。ボリュームも申し分なく、ちょろっとしか肉がないものとは格段の隔たりがあります。文字通りビーフシチューたるビーフシチューであると思えます。ハンバーグも牛肉100パーセントで大きさも大きく目玉焼きを乗せ、これまたハンバーグたるハンバーグを提供しています。掛けられたデミグラスソースとの相性も申し分ありません。ドライカレーはカレー粉をしっかり使用した味の濃いドライカレーであり、やはり本格洋食店で提供する一品であると感じます。他にもカツサンドなど魅力溢れるメニューもあり、また訪れたい洋食店であることは間違いありません。おすすめです。

●こちらは数年前にビーフシチューをいただきにおじゃましたのですが、味も忘れてしまったので再び訪問させていただきました。

なお、超個人経営の洋食屋です。従業員は給仕担当の女性お一人+姿は見えませんがキッチンの方お一人(と推測)。

お店狭いですが洋食屋らしい店内です。

なんとなく前回と違うものを食べたいと思いつつ、ビーフシチューのデミグラスソースの味が恋しかったので、ハヤシライスを注文しました。

ほどなく提供されてきたのですが、こちらのハヤシライスは、まるでカレーライスのようにソースとライスが別々に提供されてきました。

更に予想外だったのはハヤシライスにしては、かなり具だくさんだったことです。

最初は食べる分だけご飯にかけようかと思ったのですが、具だくさんのせいかスプーンで掬いづらかったので、写真のように全部かけさせてもらいました(笑)

味は私の主観では普通のハヤシライスより濃いです(個人的には好みでした)。
ソースより多いんじゃないかと思わせるお肉とともに食べると、洋食だなぁと思わせる強いインパクトを感じました。

メニュー表を見たときはハヤシライスにしては少し高いかな?と思いましたが、この濃厚なソースにお肉たくさんの具を考えれば納得というところ。

こんなお店が近くにあればいいなぁと思った今日この頃です。

引用:食べログ

荒木優花さんプロフィール

「グリル佐久良(ぐりるさくら)」を現在切り盛りしている荒木さんは、今年2018年で30歳。

1988年生まれの東京都出身。

もともと、「グリル佐久良」は祖父・正和さんと祖母・幸枝さんが夫婦で続けてきたお店で、荒木にとっては小さな頃から慣れ親しんできた遊び場でもありました。

高校粗卒業すると、調理師免許を取得し、祖父の元に弟子入り。

ところが、祖父が病で亡くなってしまい、22歳の若さで店を継ぐことになりました。

現在は、接客を担当する78歳の祖母・幸枝さんが接客を担当し、荒木さんは約30種類のメニューを全て1人で担当しています。

おじいさんの時代からずっと人気だった看板料理のビーフシチューは、創業当初からのデミグラスソースを注ぎ足して使い、祖父の味をかたくなに守り続けていらっしゃるそうですよ。

これは確かに美味しいはずですね!

祖母の幸枝さんとは、けんかも絶えないそうですが、これも仲良くやっていくためのひかえるなのかな?って思います。

まとめ

ここでは、9月25日のセブンルールで放送された、浅草の洋食屋さん「グリル佐久良(ぐりるさくら)」について、メニューの値段や口コミ、またランチ時には予約ができるのかどうかも調べてみました。

残念ながらランチ時の予約は不可でした。

多分、テレビ放送後のランチタイムは、ずらりと行列ができてしまいそうだけど、雨降りなんかを狙ってみると良いかもしれませんね!

 

 

Sponsored Links

テレビ

Posted by phd45861