花のち晴れ❀神楽木家の執事・小林孝蔵役の志賀廣太郎ってどんな人?

2018-05-01




しがこうたろう

『花のち晴れ』神楽木家の家事や事務を監督する執事役小林孝蔵(こばやしこうぞう)を演じるのが名脇役俳優の志賀廣太郎(しがこうたろう)さん。

通称「パフェおやじ」とも呼ばれています。

テレビなどに出演されるようになったのはつい最近、1995年頃から。

そのドラマや映画ではユニークな役柄で登場なさっていることが多いのですが、詳しく調べてみたら、凄く勉強家で大学でも演劇の非常勤講師をなさるなど、以外な一面も見えてきました。

あのユニークさは、かなり計算されたもののようですよ!

これまでドラマ「アンフェア」、NHKドラマ「ハゲタカ」、大河ドラマでは「篤姫」「龍馬伝」、朝ドラ「純と愛」「マッサン」「とと姉ちゃん」などここ数年で沢山のテレビでご活躍されています。

また映画版「昼顔」にもご出演されているんですよ!

『花のち晴れ』では、神楽木家の少し変わった執事役を演じ、今回も脇役ですが、志賀さんの存在感あふれる素晴らしい演技にも大注目ですね!

ここでは、『花のち晴れ』で神楽木家の執事役を演じる志賀廣太郎さんについてまとめました。

Sponsored Links

志賀廣太郎さんのプロフィール

  • 名前:志賀 廣太郎(しが こうたろう)
  • 生年月日:1948年8月31日(2018年の誕生日で70歳)
  • 出身地:兵庫県
  • 学歴:桐朋学園大学短期大学部専攻科演劇専攻修了
  • 身長:165cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:俳優/桐朋学園芸術短期大学演劇専攻非常勤講師
  • 事務所:レトル

俳優としての活動歴の短い志賀さんですが、通っていた幼稚園の園長や小学校の担任が児童演劇協会に所属するなど、幼いことから演劇に触れる機会が多く、志賀さん自身も中学・高校からは演劇部に所属なさっています。

そして、俳優座の養成所が移管されると知り、桐朋学園大学短期大学部に入学。

そこでは、演技の他に狂言、日舞、バレエ、体操など色んなことを学んでいらっしゃいます。

その中で能をに学んだことは印象に残っているそうです。

また、音声学を学んだ師からは、

「君の声はいい声だから大事にしなさい」

と言われたそうで、確かに志賀廣太郎さん澄んだ低音声はとっても魅力的で、声に惹かれている方も多いですね。

大学を卒業後は、すぐ役者の道に進むつもりだったそうですが、素晴らしいと思える先生方に多数出会ったことから大学に残ることを決め、1973年までゼミの助手を務めていらっしゃいます。

当時は翻訳劇の舞台が多く、ヨーロッパ原作の劇が現地でどう演じられているのかを確認するために、ドイツにまで渡るという熱心さ。

ドイツでは、語学学校を経て専門学校へ入学し、演技の基礎と考えていた体操を1年近く学んだあと、移動しながら、ウィーンの日本人補習授業校の小中学生の国語教師を務めた経歴も!

今の志賀さんから想像すると、国語の先生というのがピンとこなくて、どんなに楽しい授業だったんだろう?って思ってしまいます。

こんな国語の先生だったら、授業が楽しすぎて成績がグーンとアップしそうです(笑)。

1977年、30歳を前に、交際していた女性と結婚するために帰国し、1978年からは母校の演劇科にて非常勤講師を務め、教え子の生徒にはなんと南果歩さんがいらっしゃるそうですよ!

志賀さんにとっては、きっと自慢の生徒さんですね。

結婚生活は残念ながら長くは続かず、40歳で離婚。

この頃が志賀さんの大きな転機だったようです。

もう吸収することがなくなって、次は自分が演じる必要があると思い始めたちょうどその時に、たまたま観劇した舞台に共感。

教材としての使用を申し出たと同時に、自分が演じていない台本を学生に教えられないのでは?と感じ、酔った勢いで劇団長に「次の舞台に出たい」と直談判し、出演が決定したというエピソードがあります。

そしてこれがきっかけで翌年、41歳で舞台俳優としてデビュー。

大ブレイクしたのは46歳で、アップルコンピュータのCMに出演されてからです。

さすがに、当時のCMは探しきれなかったんですが、一番新しいCMは明治のR-1。

吉田沙保里の父親役で出ていらっしゃいますよ。

&nbsp
それまでも、舞台でお芝居をしながら教壇にも立つという、2色のわらじ的な生活を送っていらっしゃったのですが、この大ブレイク以降、映画やドラマで引っ張りだこの俳優さんとして、色んなシーンでユニークなおじさん役として目にとまるようになったというわけです。

ドイツ在住歴も長いので、当然ドイツ語も堪能だそうですよ。

ドラマプロデューサーの伊與田英徳氏は、志賀さんについて、以下のようにおっしゃっています。

「地味な存在の役を、そのままいい具合に地味に演じることができる。地味な役でもカッコよく演じたい役者さんも多いなか、配役のキャラクターや演出を理解して演じる志賀さんは貴重な存在」

Sponsored Links

引用:ウィキペディア

志賀廣太郎さんの若いころ

志賀さんがは俳優としてデビューしたのも、大ブレイクしたのも40歳を過ぎてからと俳優歴はそれほど長くないので、若い頃の志賀さんは知られていないんですね。

ところが若い頃の写真を見つけましたよ!

志賀さん若い頃の画像
引用:スポニチ

神楽木家執事・小林孝蔵はどんな役?

先代の時代から神楽木家に仕える執事。
仕事に忙殺され家を空けがちな晴の両親の代わりに、晴が産まれた時から常に面倒をみてきた。熱心で気が利く優秀な執事だが、時にピントがズレたアドバイスを晴にしてしまい、事態をややこしくすることがある。

引用:http://www.tbs.co.jp/hana_hare/chart/

執事の小林孝蔵は、熱心で気が利く優秀な執事役だそうですが、具体的には、通販マニアである事を知られては困る晴に代わり、コンビニへ商品を受け取りに行ったりもする役のようです(笑)

少し抜けたところもある執事役ですが、志賀さんが演じるとピッタリと違和感無く合いそうですよね!

世間の反応と口コミは

志賀廣太郎さんの『花のち晴れ』出演を楽しみに待っている方、結構いましたよ~

執事役がぴったりというので、放送楽しみですっ!

映画「THE3名様」にでてきた、パフェおやじは衝撃的です!!

これを機に、若い人にも人気になったようでパフェおやじは破壊力満点(笑)

映画版の「昼顔」では真面目役でご出演。

ユニークな志賀さんしか知らないと、なんか違和感がありそうですが、実際もこんな感じで授業なさっているんでしょうかね。

昼顔の映画ではないですが、ドラマ版だったら無料視聴ができますよ。

Sponsored Links

まとめ

ここでは花のち晴れで神楽木家の執事役・小林孝蔵(こばやしこうぞう)役志賀廣太郎(しがこうたろう)さんについてまとめました。

あと、こちらは志賀さんの公式ツイッター

ご自身のツイートは殆どないのですが、リツイートがたくさんあって、普段どんなことに共感されているのか関心があるのか伺えます。

こちらは、毎日新聞に掲載されていた大杉漣さん関連の記事へのリツイードです。

なんだかジーンとしますよ。

志賀廣太郎さんご出演の代表作

関連記事もどうぞ

Sponsored Links