『僕はまだ君を愛さないことができる』石田蓮(いしだれん)役の白洲迅(しらすじん)って?

2019-01-02




『僕はまだ君を愛さないことができる』でヒロイン御手洗陽(足立梨花)の大親友 石田蓮(いしだれん)役を演じるのは白洲迅(しらすじん)さん。

『僕はまだ君を愛さないことができる』は、台湾で大ヒットした『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』の日本版リメークです。

白洲迅(しらすじん)さんは、陽に想いを寄せながらも親友として優しく見守るという役柄です。

ここでは『僕はまだ君を愛さないことができる』で石田蓮(いしだれん)役の白洲迅(しらすじん)さんについてまとめました。

Sponsored Links

白洲迅(しらすじん)のプロフィール

白洲
引用:http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/069.html
  • 生年月日:1992年11月1日(2019年に27歳)
  • 出身地:青森県
  • 血液型:A型
  • 身長:178cm
  • 職業:俳優
  • 事務所:キューブ
  • 趣味・特技:ダンス、TVゲーム、野球

白洲迅(しらすじん)さんは、2010年、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのベスト30に残ったことをきっかけに芸能界入りしました。

翌年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』で俳優デビューしたあと、2012年5月に所属事務所の移籍と共に「白迅」から「白迅」と、名字の「す」にさんずいの入った洲に改名。

字画的に、運を上げるためでしょうか?

その後、2013年4月『押忍!!ふんどし部!』でテレビドラマ初主演を飾る。

ブレイク間違いなしの俳優とも言われており、注目の若手俳優さんです!

石田蓮(いしだれん)はどんな役?


石田蓮(白洲迅)は、ヒロイン御手洗陽(足立梨花)の高校・大学時代の同級生で、都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務。

そんな石田蓮(白洲迅)は、陽の一番の理解者でもあり、陽が唯一本音を打ち明けられる大親友

陽に想いを寄せながらも親友として優しく見守りる気遣い上手という設定です。

ストーリーが気になりますね♪

陽と蓮は、陽の29歳の誕生日に“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩の積極的なアプローチや、陽の会社の後輩の急接近、そして陽の元カレとの再会など、その“親友”関係は徐々に変化していき…。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000810.000000084.html

世間の口コミと口コミ

コミカルな演技がとっても好評との声が沢山ありました~。

ブレイク間違い無しといわれているだけあり、若手俳優の中では抜群に演技力は高くイケメンなので女性のファンも多いようです!

まとめ

ここで『僕はまだ君を愛さないことができる』でヒロイン御手洗陽に想いを寄せながらも親友として優しく見守る気遣い上手な石田蓮(いしだれん)役を演じる白洲迅(しらすじん)さんについてまとめました。

白洲迅(しらすじん)さんは、”ブレイク間違いなしの俳優”とも言われており、若干26歳という若さにして演技力は高評価で今注目の若手俳優さんです!

ドラマのストーリー展開も気になるけど、白洲迅(しらすじん)がイケメンすぎて気になります。

Sponsored Links