『僕はまだ君を愛さないことができる』御手洗陽(みたらいよう)役の足立梨花ってどんな人?

2019-01-02




『僕はまだ君を愛さないことができる』ヒロインの御手洗陽(みたらいよう)役を演じるのは足立梨花(あだちりか)さん

このドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』は、台湾で大ヒットした『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』の日本版リメークになり、早くも注目が集まっているようです。

足立梨花(あだちてりか)さんは、仕事に恋にと何事にも一生懸命なヒロイン御手洗陽(みたらい・よう)役を演じます!

ここでは『僕はまだ君を愛さないことができる』御手洗陽(みたらいよう)役の足立梨花(あだちりか)さんについてまとめました。

Sponsored Links

御手洗陽(みたらいよう)役の足立梨花プロフィール

あだち
引用:http://www.horipro.co.jp/adachirika/

  • 生年月日: 1992年10月16日(2019年で27歳)
  • 出身地:宮崎県生まれ三重県育ち
  • 身長:163cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優、バライティータレント
  • 事務所:ホリプロ
  • 趣味:アニメ鑑賞と音楽ゲームとご当地キティ集め
  • 特技:ソフトテニス

中学3年生の時に第32回『ホリプロタレントスカウトキャラバン』に父の推薦で応募して、5万1923人の中から見事グランプリに選ばれ芸能界入り。

今では多様な仕事をこなしていますが、元はモデル志望で『CanCam』などの雑誌にモデルとして出演していた。

清楚なルックス、スレンダーな体型、チャームポイントのアンバランスな巨尻でグラビアではお尻を強調したショットが多いとか。

女優業では、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で能年玲奈演じる主人公と敵対する役柄で出演したのですが、役柄的に意地悪な役だったために、ブログやインターネット上で、足立さんへの批判が続出し性格が悪いと誤解されることもあったそうです。

このことについて足立さんは、本来の性格とは逆の意地悪な役柄の演技に成功し、ドラマでの演技が視聴者に伝わっていると、前向きに解釈したんだそうです。

その甲斐もあって、この演技が評価され同年にドラマ「山田くんと7人の魔女」でも、主人公をいじめる役に抜擢され見事演じきりました!

意地悪な役が定着しつつあった足立さんですが、2018年夏ドラマ「限界団地」では佐野史郎さんの隣の団地妻みたいな役柄で、一目注目を浴びました。

↓限界団地はFODプレミアムで無料視聴が可能です↓

 

また、足立さんのご家族は、JRA元騎手で元調教師の飯田明弘は母方の大叔父、その息子でJRA元騎手で調教師の飯田祐史は母方の叔父に当たるという素晴らしい家庭環境で育っています。

スレンダーな体型は、騎手だったおじさん譲りなのかもしれまえんね。

Sponsored Links

御手洗陽(みたらいよう)はどんな役?

御手洗陽(足立梨花)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。仕事ではやりがいも感じ順調にキャリアを積んできているが、恋愛面は失恋ばかりで最近はあまりうまくいっていない。陽の高校・大学時代の同級生で、都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務の石田蓮(白洲迅)は、そんな陽の一番の理解者でもあり、陽が唯一本音を打ち明けられる大親友。そんな陽と蓮は、陽の29歳の誕生日に“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩の積極的なアプローチや、陽の会社の後輩の急接近、そして陽の元カレとの再会など、その“親友”関係は徐々に変化していき…。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000810.000000084.html

ヒロイン御手洗陽(みたらい・よう)は、仕事に恋に、何事にも一生懸命な役柄で、友達以上恋人未満の2人が繰り広げられる恋模様をリアルに描いた恋愛ドラマです。

2012年に、台湾エミー賞を受賞したドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』の日本語リメイク版なのですが、2011年に放送された台湾・GTVでは、アジア中で大ヒットしたドラマです。

世間の反応と口コミ

元々はモデルやバライティーで活躍していた足立さんですが、今では女優として大活躍しています!

演技力も高評価!!

楽しみという声が沢山ありました~

役者の中でも、注目されている若手女優さんです!

”稀有な人材”ということで、今後期待の女優さんですよね。

まとめ

ここでは『僕はまだ君を愛さないことができる』主人公御手洗陽(みたらいよう)役の足立梨花(あだちりか)さんについてまとめました。

限界団地では、子持ちのママさん役を演じていて、大人女子のイメージが強い足立さんですが『僕はまだ君を愛さないことができる』の放送が楽しみという声が沢山ありました!

 

Sponsored Links